ただでさえ動きたくない寒い真冬は、どんな家事も億劫になりがちですよね。

でも、空気が乾燥しているそんな時期にこそやっておきたいのが、カーペットやソファのお手入れなのです。

なぜ真冬がいいの?

なぜカーペットやソファのお手入れを真冬にやるほうがいいのかというと、日本の夏は水気が多くてカビが生えやすく、不向きだからです。カラリと天気のよい真冬の日中に窓を開けて、サッと行いましょう。

では、具体的なお手入れ方法をご紹介していきます。

カーペットのお手入れ

カーペット全体を拭くときは、強くこすらず、なでるようにするのがコツです。シミがついてしまっていたら、次のようにして取りましょう。

  1. カーペット専用シミ取り剤をスポンジに染みこませ、たたくように汚れを浮き立たせる。
  2. 固くしぼった濡れタオルでたたくようにして汚れを取る。

ただし、くれぐれもこすらないように注意しましょう。こすると毛羽立ってしまいます。

ソファのお手入れ

ベルベット素材のもの

  1. 掃除機をかけてホコリを取る。
  2. 水で薄めた中性洗剤か住宅家具用洗剤に雑巾を浸し、固くしぼって拭く。

革製のもの

専用のクリーナーを使って拭きます。革に油分を保つように、掃除は定期的に行いましょう。

合成皮革のもの

  1. 雑巾で汚れを落とす。
  2. 住宅用洗剤を水で薄め、雑巾を固くしぼって拭く。
  3. 家具用ワックスをかける。

布・キャンバス地のもの

  1. 中性洗剤を水で薄めて雑巾を浸し、固くしぼって拭く。
  2. 乾いたら防水スプレーをかけて汚れを防止する。

寒いけど、窓を開けてしっかりと

ちょっと寒いですが、カーペットでもソファでも、お手入れの後は窓を開けてしっかり乾燥させるようにしましょう。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。