くもりや汚れのないピカピカのガラス食器を使うのはだれにとっても気持ちのいいものですが、かといって手間のかかるお手入れは面倒ですよね。

そこで、簡単かつあっという間にガラス食器をピカピカにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

熱いお湯をかけるだけ!

グラスをいちいち磨くのが面倒だという人には、お湯で洗ったグラスを水切りカゴに伏せ、上から熱めのお湯をかけるだけという方法がおすすめです。たったこれだけのことですが、不思議なほどピカピカになります。

ただし、お湯が熱すぎるとグラスが割れてしまうことがあるので、注意が必要です。

磨くのはふきんではなく麻布で

凹凸のない普通のガラスのコップの曇りは、案外目立つものです。洗うときは台所用中性洗剤で表示通り洗えばいいのですが、磨くときには、ふきんではなく麻の布を使うのがおすすめです。これなら、それほど力を入れずに、しかも布の繊維を残さずに磨きあげることができます。

汚れ落ちチェックの方法とは?

コップの汚れがきちんと落ちているか心配なときは、コップを逆さにし、下に落ちていく水の筋がきれいに流れているかどうかで確認できます。

きちんと汚れが落ちていれば水の筋はスッと下に落ちますが、汚れが残っていると、途中で水の筋が弾かれ、まっすぐに落ちてきません。つまり、水の筋が弾かれた部分に、目には見えないわずかな汚れが残っているというわけなのです。これを目安にしてもう一度洗ってみてください。

重なって取れなくなったコップを外すには?

うっかり重ねてしまったコップが取れなくなった、ということはありませんか?こんなときは、無理に引っ張って取ろうとするのはNG。水かお湯を張ったボウルの中に入れて、静かにずらすように動かすと簡単に外れます。

スポンサーリンク