「いくら張り切って整理整頓をしても家族が協力的ではない」という理由で、快適な空間づくりをあきらめてしまっている人も多いと思います。

しかし、家族が協力してくれないのには、実はこんなことが原因になっている場合が多いのです。

スポンサーリンク

整然としていてもオシャレではない

収納は、一旦ハマると次々にアイデアがわいてきて、牛乳パック・段ボール・トイレットペーパーの芯・ティッシュ箱・包装紙・小ビンなど、廃品にしようと思ったモノをためておき、仕切りやモノ入れを作ったり、折って重ねて貼り合わせて収納ボックスを作り出したりして、徹底活用して収納に努めてしまいますよね。
しかし、引き出しも棚もみんなこの廃品で作った収納ボックスで埋まっていることにあるときふと気づきます。整然としてはいますが、部屋は少しもキレイではありません。
要は、オシャレではないのです。

しみったれた雰囲気にモチベーションもダウン

最初のうちは家族も「一生懸命作ってくれたことだし」と認めて協力してくれるでしょうが、少しもオシャレでない、しみったれた廃物利用の雰囲気にやがて飽きてきてしまいます。
この「作品」が少し破けたり色あせたりしたのを境に、部屋はどんどん散らかり始め、居心地も悪くなってくるのです。

大切なのは心が安らぐ部屋づくり

このようなリメイク収納に必要以上に固執しすぎて失敗した人にはよくわかると思いますが、大切なのは、やはり心に響くような安らぎを覚える部屋づくりを目指した収納です。牛乳パックを使った収納にこだわっていると、却って元の場所にモノが戻らなくなることもある通り、整理整頓は、

  • 大雑把
  • 毎回繰り返しても疲れない
  • 自然に体になじむ

という方法であることが大切なのです。

スポンサーリンク
関連キーワード