洗濯機を上手に使うコツは、洗濯物と洗剤の量を守ることです。
たいてい洗濯機や市販の洗剤に主な目安が載っていますので、参考にしましょう。

洗濯物を容量を超えて多く入れすぎると、きちんと洗えません。
また、洗剤を入れすぎると、洗剤がすすぎ切れずに残ってしまいます。衣類に残った洗剤は肌にもよくありませんし、黄ばみの原因にもなります。

脱水するときは、衣類の素材に気を付けて脱水時間を調節しましょう。
木綿などの丈夫な素材はしっかり脱水しても大丈夫ですが、ウールやニットなどは脱水時間が長いとしわができて生地が傷んでしまいます。脱水時間を短めに調節するか、ウールやニットなどのデリケートな素材は手洗いするようにしましょう。40℃くらいのぬるま湯でゆっくり押し洗いすると良いでしょう。

中には自宅で洗うのは難しい服がありますので、その場合はクリーニングに出すようにしましょう。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

子育てを学び、資格まで取れる!
乳幼児教育アドバイザー資格 ギフト教育ラボ

子育てに失敗する原因。それはただやり方を知らないだけ。子どもはどんどん成長していきます。悩んでる暇なんてないですよね!
3歳までの、たった3年間が頑張りどころ。ギフト(才能)教育が、子供の未来をひらきます。専門家がつくった幼児教育を学ぶことで、あなた自身が乳幼児教育アドバイザーになれるのです。