簡単な部屋の模様替えなら、一人でも何とかできるかもしれません。でも、本格的にするとなれば大変です。100㎏ほどもある重たい家具などは、とてもじゃないけど一人で動かせるものじゃありません。

重たいものを動かしたいとき、誰かの手を借りられればいいですが、周りに力持ちの人がいるとは限りらないですよね?そこで頼りになるのが「PICUS らくらくヘルパー LP-200」です。何とビックリ、これがあれば最大で300㎏までの重たいものを移動させてしまえるんです。

100㎏の重さを持ち上げるために必要な力は、らくらくヘルパーを使えばたったの20㎏。なぜ5割りの力で済むのかというと、てこの原理を利用しているから。そのおかげで、自分の力に対して約5倍もの重たいものも持ち上げることができるんです。

移動したい家具などの下にリフターのフォークを差し込んで持ち上げ、あとはその隙間に台車を入れればOK。台車の高さは30㎜もないので家具を高く持ち上げずに済み、家具が転倒する心配もありません。

自分一人で大きな家具を持ち上げてしまえるなんて、てこの原理って素晴らしい!

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

子育てを学び、資格まで取れる!
乳幼児教育アドバイザー資格 ギフト教育ラボ

子育てに失敗する原因。それはただやり方を知らないだけ。子どもはどんどん成長していきます。悩んでる暇なんてないですよね!
3歳までの、たった3年間が頑張りどころ。ギフト(才能)教育が、子供の未来をひらきます。専門家がつくった幼児教育を学ぶことで、あなた自身が乳幼児教育アドバイザーになれるのです。