最近、なにかと話題の片付け術。
「ときめく」片付け術や断捨離といった様々な方法が人気を集めていますが、飯田久恵さんのソロモン流片付け術をご存知ですか?

飯田さんは整理収納ブームの元祖と言われている方で、10年前に日本初の「収納カウンセラー」を名乗ったことでも知られています。

「ソロモン流の片付け術」とは何かと言うと、収納指数を考えることです。
「収納指数」と言われても、ピンとこないかもしれませんが、下記に簡単に説明してみます。

モノを出すためにはモノがあるところまで、歩かなくてはなりません。その歩数と、モノを出すために行う動作の一つ一つをアクション数と決め、この2つを足したものを「収納指数」と言います。

「収納指数」が少なければ時間もかからないし、気軽に出し入れができるため、部屋が汚くなる一番の原因でもある出しっぱなしがなくなります。そのため、部屋はいつも片付いた状態になるというわけです。

「収納指数」の基準は、0〜3が頻繁に使うモノ、4〜10が1日に1回は使うモノ、11〜20が月に1回使うモノ、21以上が片付けなくなる危険信号になります。
つまり、「収納指数」が高ければ高いほど、片付けがめんどうになるということです。

「収納指数」が少なくなるようにモノの指定席を設けることで、少しでもキレイな部屋を保つようにしましょう。

飯田さんは、「モノの整理は心の整理である」と言っています。
ソロモン流でモノと一緒に心の整理もすると、自分では気づいていなかった何かに、気づくことができるかもしれませんね。

スポンサーリンク
Amazonを賢く使ってお金を節約
Amazonプライム特典
  • 品ぞろえ豊富で、最安値が多数
  • 破格で高品質のAmazonブランド商品
  • クーポンやタイムセールでさらに安く
  • 無料お急ぎ便/日時指定宅配が使い放題
  • タブレットPCが\5,980(セール時なら4千円台)
  • スマホで撮った写真を保存し放題
  • 電子書籍やマンガ・雑誌が読み放題
  • 映画もアニメもテレビ番組も見放題
  • 100万曲以上の楽曲が聴き放題