最近流行りのセスキ炭酸ソーダ。何が良いの?どうやって使うの?注意点は?

簡単にまとめてみました。(所要時間:3分)

セスキ炭酸ソーダとは?

  • セスキ炭酸ソーダは、アルカリウォッシュとも呼ばれるアルカリ剤
  • ナチュラルクリーニング用のアルカリ剤として有名な重曹の親戚のような存在
  • 重曹よりも、アルカリ性がほんの少し強く、水に溶けやすいのが特徴

重曹との違いとメリットは?

  • 油汚れが落ちやすい(アルカリ性が強いため)
  • スプレーが作れる(水に溶けやすいため)
  • 洗濯に使える(水に溶けやすいため)

重曹との共通の効果は?

  • 消臭効果がある
  • 入浴剤として使える
  • ゴム手袋が不要(ただし、セスキ炭酸ソーダは長時間使用では手袋が必要)

セスキ炭酸ソーダのデメリットは?

  • 研磨剤としては使えない(重曹は使える)
  • 鍋のコゲ落としは重曹のほうが効果大
  • 重曹のほうがよりナチュラル(セスキ炭酸ソーダは食べられない)

まとめ

セスキ炭酸ソーダは、重曹の代わりというよりも、上手に使い分けるのが良いでしょう。

なお、クエン酸(お酢)は酸性なので、まったく別の働きをします。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。