冬の冷たい水はあまり触りたくないけれど、まさかお米をお湯で研ぐわけにはいきません。手をケガしていたり、ひどく荒れていたりするときのお米研ぎは、どうしていますか?代わりに研いでくれる人がいなければ、不自由な手でも自分でやるしかありません。ネイルをしている女性にとっても、お米研ぎはためらう作業の一つでしょう。

洗う必要のないお米もあるけれど、値段が少々お高い…。そんな方にぜひ活用してもらいたいのが「米とぎシェーカー」です。

機械を使うのは苦手だという人も大丈夫。米とぎシェーカーの本体にお米と水をセットして、あとはシャカシャカと振ればいいだけなんです。手で研ぐのと同じで水が濁ってきたら交換して、再度リズミカルにシェイク!

シェイクのポイントは、容器を回しながらシェイクすること。そうすれば後から流れてきた水が、容器の内側にくっついたお米もキレイに流してくれます。

水が濁らなくなってお米が研げたら、そのまま炊飯器の釜に移せばOK♪水の量は手で研ぐより少なく済むので、節水にもなります。

ただ一つ、シェイクするときはお米の粒を壊さないように、力を入れすぎずお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

子育てを学び、資格まで取れる!
乳幼児教育アドバイザー資格 ギフト教育ラボ

子育てに失敗する原因。それはただやり方を知らないだけ。子どもはどんどん成長していきます。悩んでる暇なんてないですよね!
3歳までの、たった3年間が頑張りどころ。ギフト(才能)教育が、子供の未来をひらきます。専門家がつくった幼児教育を学ぶことで、あなた自身が乳幼児教育アドバイザーになれるのです。