掃除に使う洗剤には、ハイターなどの台所用漂白剤、重曹とお酢、食器用洗剤と食器用クレンザーなどが挙げられます。

まず初めに、バスケットを取り出し、中のゴミを捨てましょう。

漂白剤を使う方法は、原液を振りかけるか(泡噴射タイプのものが売られていますので、そちらが便利でしょう。)、水で薄めたものをバケツに張り、その中にバスケットを沈め3時間ほど置きます。その後水で洗い流します。

重曹を使う方法は、大さじ3程の重曹を振りかけ、さらにその半分の量のお酢を振りかけ発泡させ、5分ほど置きます。その後お湯で洗い流しましょう。また、重曹を振りかけたものに、お酢を霧吹きでかけて発泡したところを歯ブラシでこすっても汚れを落とすことができます。重曹もお酢も、ドラッグストアや100円ショップなどで手に入る、安い物でかまいません。

食器用洗剤とクレンザーを使用する場合は、それぞれ使い古した歯ブラシなどにつけて、こすり洗いをします。

どの場合にも共通して言えることは、絶対に洗剤を混ぜて使用しないこと。有毒ガスを発生する場合があります。

掃除の頻度は週一回が目安です。日頃からこまめに掃除し(特に水滴を取ることが大切)、ゴミを溜めないことが掃除をしやすくするコツです。
また、ゴミを溜めない工夫として、排水溝のゴミ受けをバスケットの他に金網状のものをゴムのふたの代わりに置き、二重にするとよいでしょう。さらにバスケット部分にゴミ取りネットをかければバスケットに直接の汚れがつきにくく、生ゴミを捨てる際も楽です。これらも、ドラッグストアや100円ショップで購入することができます。

参考サイト
http://s.ameblo.jp/kantan-souji/entry-10624083479.html
http://www.rinnai-style.jp/info/cleaning/basic/10/
http://nanapi.jp/10892/?page=2

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。