子どもがいると、いつの間にか多くなってしまう絵本。多い方が子供のためには良いとは分かってはいても、意外と収納場所がなく困ってしまう人も多いようです。

絵本は、工夫次第でたくさん収納することができます。しかし、絵本はただ収納すればいいというわけではありません。
子供の目に付きやすいようにしなくてはなりません。興味を示さないことには、いくらたくさんの絵本があっても意味がなくなってしまいます。

例えば、部屋の隅のL字をうまく利用して、L字レールを使うという方法があります。これだと、空いてしまいがちな隅のスペースをうまく使うことができ、図書館のようなおしゃれな絵本スペースにもなります。きっとお子さんも気に入って、進んで絵本を取ってくるようになるのではないでしょうか。

また、100均などで売っているタオルハンガーなどを使うと、病院などで並べられているように絵本の収納ができるようになります。他にも、棚とボックスを使い分けることで、大きさの違う本を収納することができるようになります。少し忙しい時などは、カゴを使えばザックリと収納することができます。

絵本専用の収納棚もたくさんあるので、通販で探してみるのも良いでしょう。いずれにしても、絵本が子どもの目に付きやすいように、片付けることがポイントです。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。