外から帰ってきて、脱いだ外出着をそのままクローゼットに収納してはいけません。
一度着た外出着には、汗やホコリ、外出先で飲食店へ入ったのならその時の匂いなど、いろんなものが染み込んでいます。

雨が降った日は、湿気もかなり含んでいると考えた方が良いでしょう。そのままクローゼットへ入れると、それらがクローゼット内にこもり、カビや虫食いの原因になってしまいます。

一度着た服は、脱いだ後ハンガーなどにかけて、部屋の隅に吊るしておきましょう。
こうして一晩おくと、湿気が抜け、移り香も発散します。どうしても匂いが気になる方は、ファブリーズなどを使って消臭するのも良いでしょう。

翌日の朝、クローゼットに仕舞えば大丈夫です。

一度着た服が次々増えていくようなら、クローゼット内に着た服と着ていない服を分けて置けるように、スペースを区切るのも一つの方法です。
仮置きのカゴを作って、一晩風通ししたものを入れるようにすると、その他との区別がつき、散らからずに済みます。

参考サイト
一度着てまだ洗濯しない服はどこにおきますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0114/220375.htm

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。