おふろでちゃぷちゃぷ 〜 松谷みよ子の文章といわさきちひろの挿絵の最強コンビ

いわさきちひろの絵が可愛らしい、赤ちゃんのための絵本をご紹介します。

あひるさんがタオルと石鹸を持ってどこに行くの?「わかった!おふろだ!」

2歳くらいの男の子が「まって まって」と慌てて服を脱ぐ姿が可愛らしく描かれます。「おふろ ぼく だーいすき」。生活に密着した内容なので、2、3歳の子は喜んで絵本を見てくれます。きっと、この男の子の気持ちがよく分かるのでしょう。

スポンサーリンク

いわさきちひろの淡い水彩画が柔らかな印象で素敵です。子供らしい仕草に見ていて微笑ましくなります。赤ちゃんって、本当にお風呂が大好きですよね。

子供と一緒に楽しく読みたい一冊です。

※『おふろでちゃぷちゃぷ』松谷みよ子(文)、いわさきちひろ(絵)、童心社、1970年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る