隠された才能の気づき『からす たろう』

学校の授業では先生を怖がって何も覚えられず、クラスの子供達ともちっとも仲良くならない。いつも独りで、のけものにされ、皆からは「ちび」と呼ばれていた男の子。けれど、その男の子にはその子だけの、隠された才能がありました。

入学から5年経ち、6年生になった「ちび」。長い間誰も気付かなかった「ちび」の優れた才能に気づき、褒め、認めてくれた初めての先生が「いそべ先生」です。作者の八島氏は、実在する恩師二人の思い出を掛け合わせて、この「いそべ先生」を作り出したといいます。

学歴ばかりを重視していては見えてこない、子供一人一人の個性、すぐれた素質、豊かな感性。見逃してしまいがちな大切なことに、気付かせてくれる作品です。

教育とは何か、考えさせられます。

※『からす たろう』八島太郎、偕成社、1979年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子どものおもちゃの収納術

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る