赤ちゃんと体の出会い『おててがでたよ』

林明子の「あかちゃんの絵本」シリーズの1冊です。

表紙で赤ちゃんが頭から洋服を被っているところから始まり、赤い洋服のかたまりからおててが「ぱっ」、おかおが「ばあー」、そしてあんよが出てきます。

やっと洋服を自分で着れるようになってきた1〜2歳の子供が主役なので、同じ年頃のお子さんにおすすめの1冊です。

一生懸命自分で着ようと頑張っている赤ちゃんの姿が愛らしく、子育て中のお母さんの共感も得られる絵本です。

「おてて」「おかお」「あんよ」など、ゆっくり言葉を確認しながら、お子さんに読み聞かせしてあげましょう。

※『おててがでたよ』林明子・作、福音館書店、1986年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る