汚れたり穴が開いたり、またはサイズが合わなくなったりして着なくなる服は、毎年何着かは出るものです。特に成長期の子供がいる家庭ではその頻度はより高くなるでしょう。

そんな、売ったり譲ったりできない服は、ぜひご家庭でリサイクル利用してから処分するようにしましょう。

スポンサーリンク

ボロ布としてストックしておく

着なくなった服のリサイクル方法で最も一般的なのは、ボロ布として使うことではないかと思います。
適当な大きさに切ってキッチンにたくさんストックしておけば、こぼしてしまったソースなどの汚れを拭いてそのまま捨てることができます。

フライパンに残った油を拭き取る時も、キッチンペーパーを何枚も使うよりボロ布1枚のほうが便利で経済的です。
特に、ジーンズの表面のゴワつきはこすっても傷をつけないので、シンクなどを磨くのに適しています。

フロアワイパーに取り付けて

また、フリースは雑巾大の大きさに切って、市販のフロアワイパーに取り付けて掃除をすれば、専用のシートと同じようにほこりを取ることができます。

粘着ローラーなどで付いたほこりを取って水洗いすれば、繰り返し使えるので、環境にも良く経済的です。

リサイクルの定番、ストッキングも

そして、定番ではありますが、伝線したり破れたりして履けなくなったストッキングにも、

  • テレビやパソコンなどの画面の掃除
  • 靴磨き
  • 三角コーナーのネット代わり
  • フロアワイパーのシート代わり

などといった、掃除の場面で大いに役立つ再利用方法がたくさんあります。

感謝の気持ちで使い切る

着なくなった衣類とはいえ、もともとは気に入って買ったモノであり、それを着ていた間は幸せな気持ちをもたらしてきてくれたモノたちです。

捨てる前に、感謝の気持ちをこめて、最後の最後まで使い切ってあげたいものです。

【参考サイト】
キッチンの裏ワザ - きれいなキッチンを保つ便利グッズ(はっぴーママ.com)
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/waza/11_kitchen_03.html
不要になったフリースで床のホコリを取る(はっぴーママ.com)
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/ienonaka/11_ie_05092101.html
掃除道具だけじゃない! 伝染したストッキングの再利用方法(Glitty)
http://www.glitty.jp/2013/04/028935post_6909.html
スポンサーリンク