周囲に火の気がないことを確認してガスを抜きましょう。
使い捨てライターの操作レバーを押し下げ、着火した場合はすぐに吹き消します。輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーをしっかり固定します。

「シューッ」という音がすればガスが噴出している証拠です。この状態のまま、火の気のない、風通しの良い屋外に半日から1日放置すればガス抜きの完了です。
念のために着火操作をして、火が着かないか確認してください。

ガス抜きが終わった使い捨てライターは、それぞれお住まいの市町村の分別ルールに従って出しましょう。不燃ごみ、金属ごみ、プラスチックごみなど、自治体によって分別が異なりますので、前もって確認されると良いでしょう。

参考サイト
ライター・ボンベの捨て方
http://www.jsaca.or.jp/info/throw.html
ライターを正しく捨てるためのポイント | nanapi [ナナピ] http://nanapi.jp/10482/

スポンサーリンク
7日間の捕獲ダニ数 2,428匹
ダニピタ君

痕が残るダニ刺され、ダニアレルギー、むず痒くて眠れない! こんな悩みを抱えてはいませんか?
【解決法は、ダニを生きたまま捕ること】
生け捕りなら、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します。ダニピタ君は、簡単、置くだけ、手間いらずで、ダニ捕獲する新しいダニ対策です。