アイメイクで一番楽しめるアイシャドウ、気分によっていろんなカラーを楽しめますよね。

そのアイシャドウ、あなたはどのようにつかっていますか?

チップ、ブラシ、指、、、。
色んな使い方のあるアイシャドウ、使い分けを考えてみましょう。

まずはアイホールに入れるベース。
肌の色むらを抑えワントーン明るく色がのりやすくします。

仕上がりはサラっとしていながらも肌に密着するものを選んでください。
ベースは肌に密着させたいので指先でのせるのがおすすめです。

次にメインとなるカラーをアイホールにのせます。
このときはブラシ使いがおすすめです。

指では指の平にラメやパールが残りうまくラメやパールがアイホールにのらないことが多く、チップではムラが出来やすいです。
アイホールにぴったりなブラシでふんわりと色をのせることがキレイなアイシャドウの仕上がりになります。ラメやパールも自然です。

そして目の際に濃い色をのせましょう。
これは細めのチップを横にして使うのがよいかと思います。目の際は痛いと感じやすいので柔らかいところを使ってやさしくのせてほしいです。

これからイベントが多くなる季節、メイクも楽しみたいですよね。
道具をうまく使いこなしていつまでも見つめていたくなるような目元にしていきましょう。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。