生ゴミは燃やすごみとして収集日に出すことができます。その際重要なのは、なるべく水気を切ることです。水気を切ることで全体量を減らすことができますし、気になる生ゴミの臭いをかなり抑えることができます。野菜の皮や余った残飯は三角コーナーやザルなどで水気を切り、新聞紙などに包んでゴミ箱に入れます。新聞紙で前もってゴミ入れなどを作っておくと重宝します。生ゴミの臭いが気になるなら、蓋つきのゴミ箱が良いでしょう。

生ゴミ処理機や段ボールコンポストなどを使うと、生ゴミを処理して肥料として使用ことができます。家庭菜園などされている方は検討の価値があるでしょう。
期限切れの液体調味料は、古布や新聞紙などに染み込ませて、燃やすごみとしてお住まいの地域の収集日に出しましょう。その際、牛乳パックに入れてガムテープをしたり、ビニール袋に入れて密封すれば、臭いも気にならなくなります。

なるべくゴミとして処分しなくて済むよう、使い切るように努めましょう。

参考サイト
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 生ゴミ検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%90%B6%82%B2%82%DD&lang=ja
生ごみの正しい処分方法 | nanapi [ナナピ] http://nanapi.jp/10481/
古くなった調味料の捨て方 : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1201/215025.htm?o=0

スポンサーリンク
お部屋の収納が足りないときに!
サマリーポケット

『ヒルナンデス!』などTVでも話題のサマリーポケット。箱に詰めて送るだけで、簡単にスマホで管理できます。売りたいアイテムは「ヤフオク!」におまかせ出品も。1箱250円だから、トランクルームと同じ広さを75%OFFで預けらると評判の宅配収納サービスです。