モノが捨てられない理由を考えてみましょう。
もったいないから。いつか、使うかもしれないから。高かったから。人から貰ったモノだから。思い出の品だから。

捨てられない理由は色々あるでしょう。しかし、考えてみてください。それは、今の自分にとって本当に必要なモノですか?長期間使わないモノを大量に保管するということは、長い目で見て膨大なエネルギーを必要とすることです。そのモノは、それだけの労力をかけても保管する価値のある物か、もう一度考えてみて下さい。

スポンサーリンク

不要なモノを処分できれば、部屋の空間は広がり、お掃除も楽になります。広々とした空間で快適に過ごせます。

まずは、無理なく取り組める場所を見つけましょう。苦手なエリアは後回しでいいのです。たとえば洗面所の周りだけ集中してやり、時間のかかりそうな書類のある棚は後回しにする。一個でも二個でも、処分できたら自分を褒めてあげましょう。

時間制限を設けるのもひとつの手です。捨てるかどうか迷ったなら、半年や1年と時間を区切って、その間使わなかったら捨てるなど、自分なりに実践できそうなルールを作って取り組みましょう。

※参考文献

スポンサーリンク