体温計は燃えないごみとして扱われることが多いようですが、自治体によって分別が異なりますので注意が必要です。
例えば横浜市の場合、プラスチック製の体温計は燃やすごみになり、ガラス製の体温計は燃えないごみになります。ガラス製の場合は、新聞紙などに包んで品名を表示するように指示されています。

スポンサーリンク

水銀体温計が割れてしまった場合、こぼれた水銀に直接触らないように注意しましょう。ビニール手袋などを使用して手早く回収し、密封できる瓶などに入れて戸外へ出します。何かに染み込ませたり、紙などを使って集めると回収しやすいでしょう。念のために部屋もしっかり換気します。

割れた体温計や密封した瓶は、お住まいの地域の分別に従って収集日に出しましょう。新聞紙などでしっかり包んで、「水銀体温計」「危険」などと表示すると良いでしょう。分別は不燃ごみや埋め立てごみとなることが多いようです。

参考サイト
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 体温計検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%91%CC%89%B7%8Cv&lang=ja
水銀体温計の廃棄方法
http://www.okajima-pharmacy.co.jp/remedy/pharmacy/ph_1.htm
名古屋市:Q:水銀温度計は何ごみですか?(暮らしの情報)
http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000005060.html

スポンサーリンク