※化粧品や除光液、マニキュアなどの捨て方は、基本的に香水の捨て方と同じです。「使い切れずに余った香水はどうやって捨てますか?」もご参照ください。

化粧品や除光液、マニュキアは、なるべく中身を使い切るようにしましょう。残ったもので液体状のものは、古布や新聞紙に染み込ませて、燃やすゴミとして出しましょう。匂いがきつい場合は、ビニール袋で密閉するなどしましょう。
ファンデーションや口紅などの固形のものは、はそのまま燃やすゴミとして処分できます。

スポンサーリンク

化粧品のケースや容器は、その素材によって分別の仕方が異なります。例えば横浜市の場合、プラスチック製ならプラスチック製容器包装、びんなら燃えないごみです。容器に金属製の部品があるなら、なるべく取り外して金属類として別に捨てます。
容器に関しては、お住まいの地域によって分別方法が異なりますので、前もって確認しましょう。

参考サイト
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | マニキュア検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%83%7D%83j%83L%83%85%83A&lang=ja
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 化粧品検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%89%BB%8F%CF%95i&lang=ja

スポンサーリンク