初版が昭和42年ということで40年以上も昔に出版された本ですが、今でもロングセラーとして愛され続けている絵本です。

「いない いない ばあ」「にゃあにゃが ほらほら」「いない いない……ばあ」とこんな風に始まり、次にくまちゃん、ねずみと続きます。そして最後は「のんちゃん」という男の子です。みんな顔を両手で隠して、次のページでばあ!とやります。「ばあ」とやるときはみんな目がパッチリで、嬉しそうな顔をしています。

単純な内容で、だからこそ赤ちゃんに愛される絵本です。瀬川康男さんの絵は素朴で柔らかく、優しい絵です。

赤ちゃんの初めての絵本として、おすすめの絵本です。

※『いない いない ばあ』松谷みよ子・文、瀬川康男・画、童心社、昭和42年

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。