林明子のあかちゃんの絵本シリーズの1冊です。

表紙にはひものほどけた赤ちゃんの靴。見るからに赤ちゃんが歩き始めたばかりの頃に履くサイズです。

赤ちゃんは登場せず、靴だけが元気よく歩き始めます。ぱたぱた走って、つま先でとんとんしたり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり……。転んでも立ち上がり、最後はぐーぐーおやすみして終わりです。

靴だけが登場して動き回ることに大人は違和感を覚えるかもしれませんが、1〜2歳の子はすんなり受け入れてくれるようです。歩けるようになって、もうそれだけで嬉しくて仕方がないという幼児の気持ちがよく表現されています。

歩き始めた1〜2歳のお子さんにおすすめの絵本です。

※『くつくつあるけ』林明子・作、福音館書店、1986年

スポンサーリンク