敏感肌の人の場合、肌のケアをしたくても安易に化粧品を使用することができないのが悩みのひとつです。そんな敏感肌さんでも使える化粧水がいくつかあるようなので、ベスト3を紹介します。

無印良品の化粧水

無印良品の化粧水の一番の魅力は、1本580円という安さです。もちろん、敏感肌には大敵の香料・着色・鉱物油・アルコール・パラベンも含まれていません。まさに「無添加」なので、敏感肌でも安心して使用することができるのです。また、「ヒアルロン酸」などの保湿成分も含まれているので、肌に潤いを与えることができます。お金をかけずにケアをしたいという人におすすめの商品です。

モーニュ

敏感肌用の化粧水でも保湿力は欠かせません。敏感肌用の化粧水のなかで、保湿力に優れていると評判なのが、「モーニュ」です。モーニュは、無添加商品であることは当然ながら、こんにゃくから抽出した「セラミド」を配合。これは、米などに比べて7〜15倍ものセラミドが含まれているといわれています。乾燥性敏感肌で悩んでいた人には、救世主のような商品ですね。

キュレル

乾燥性敏感肌で悩んでいる人や重度の敏感肌で悩んでいる人は、化粧水をつけると赤くなってヒリヒリするということが多いのですが、キュレルはそんな人でもヒリヒリすることなく、使用できるのが魅力です。また、キュレルには「セラミド」が配合されています。敏感肌はセラミド不足が原因でなってしまうので、セラミド配合のキュレルは、まさに敏感肌のために作られた商品ですね。

番外編

敏感肌は生活習慣でもなってしまいます。外からのケアだけでなく、内側からもきちんとケアをしていきましょう。

敏感肌は、生まれつきの場合もありますが、意外と多いのは生活習慣が原因でなってしまったという人です。そのため、生活習慣を改善することで、それなりに緩和させることができます。今まで「敏感肌ではない」と思っていた人は、一度生活習慣を見直してみるといいですよ。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。