気温が下がって寒くなってくると、お風呂の回数が増えたり、火を使う料理が多くなったりして、生活しているだけでも、夏よりもガス代が跳ね上がってしまいます。
ムリせず賢いガス代の節約方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

お風呂を溜められるように

ガス代の中で、冬場はどうしても上がってしまうのがお風呂です。
お湯をためてお風呂に入るよりも、シャワーで済ました方が圧倒的に節約にはなりますが、冷え切った浴室でシャワーだけというのは正直、酷な話です。
お湯をためながらでも、節約できる方法を実践していきましょう。

お風呂はためたらすぐに入ろう

まず、お湯をためたらすぐに入浴するようにしましょう。
冬は気温の方が低いので、あらかじめお湯をはった状態にしておくと、お湯が冷めてしまいます。
お湯をためたら、できるだけ早めに冷める前に入りましょう。

追い炊き機能も使えば使うほどガス代が上がります。
家族と協力して、追い炊きを使わなくても温かさを保てるように、すぐに入るようにしましょう。

ガスを上手に使おう

ガスコンロの場合、フライパンをちょっとコンロから外す時に、いちいちガスを消さないようにしましょう。コンロは点火時に一番ガスを使うので、短時間だけおろす場合は消さない方が節約になる場合があります。

使ったフライパンや鍋を次の料理にも

調理をする時は、同じフライパンや鍋を使いまわしましょう。
鍋が熱いうちに使いまわせば、鍋の余熱で温める時間を短縮できます。

薄味の調味料をほとんど使わない料理から始めれば、味移りを最小限に済ませることができます。

鍋底に合わせて火を調節しよう

鍋底の大きさに合わせた火の強さにすることも大切です。
早く済ませようとして、鍋底よりも大きな火を使っても、あまり意味はありません。

ガスコンロを使う時は、調味料や材料などの段取りを先にしてから始めると、火のロスを防ぐことができます。

余熱調理でガス代節約

調理の際にフタを有効活用すると、「余熱調理」でガス代が大きく節約できます。
やり方はとても簡単。

ある程度加熱したら火を止めてフタをして、あとは鍋とコンロの余熱にまかせるだけ。
保温中はそばにいなくてもいいので、時間を有効に使うことができ、焦げやふきこぼれの心配もなく、小さなお子さんのいるママさんにはとっても強い味方になるでしょう。

他にも、煮たり茹でたりするものは全て余熱調理ができます。
パスタやうどん以外にもカレーやシチューにも可能です。

まず、ジャガイモ以外のモノを炒めた後に、水を入れ沸騰させてからジャガイモとルーを入れ、3分ほど茹で、よくかき混ぜてから火を止めフタをし、余熱調理を開始します。
普段煮込んでいる時間と同じくらいコンロに置いておきます。

1〜2時間してまだ根菜に火が通ってなかったら、少し煮込んで完成です。
これなら、鍋底が焦げることもなく作ることができますね。

洋服代の節約  |  ムリなく幸せに!目標は月1万円の節約術  |  水道代の節約

【参考サイト】
キッチンで出来る!簡単省エネ調理 [家事] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/65832/
スポンサーリンク