毎年変わる流行ファッションに乗り、次々に服を購入し衣装ケースやタンスの中に入れると、ケース底や奥の方に古い服が押し込まれてしまい忘れがちに。

服を見なくなるとその服の存在を忘れて着なくなりますよね。
私もたまに整理整頓するときにケース底や奥にしまい込んだ服を見つけて、また着るか、処分するか迷うことがあります。

スポンサーリンク

衣装ケースの中に普通にたたんで置くと下の服が隠れて見えないし、引き出しを最大限引き出さないと奥に入れた服を見なくなる。
整理整頓をしても、入れ方を変えずに収納するとまた同じことの繰り返し。
じゃあ、どうするか?

原因はたたみ方ではなく、入れ方にあります。

友人にどんな服の入れ方をしているかを聞いたところ、『タテヨコ置き』を教えてもらいました。
私自身も実践したところ、忘れて着なくなる服がなくなりました。

その入れ方は、
『奥をタテ、手前をヨコ』に置くだけ。

 ||||| ↑奥
 |||||
 ―――――
 ―――――
 ――――― ↓手前

こんな感じに入れると、タテに置いた奥の服が見えて忘れずに済みます。

たたんだ服を立たせたり、くるくる丸めたりすると量の調節もできます。
さらに、ブックエンドを使うと、両隣の服も浮き上がらずに一枚一枚取りやすくなります。

これで、引き出しを開けたときに縦に置いた奥の服も見えて、どこになにがあるか一目瞭然ですね。

たたみ方だけではなく入れ方も工夫すれば、ちゃんと全部の服が見えるようになり、忘れて着なくなる服がなくなります。

スポンサーリンク