店舗・事務所・オフィスクリーニングの料金

便利屋の行う店舗・事務所・オフィスクリーニングとは、店舗などを片付け、清掃することをいいます。オフィスクリーニングでは、オフィスの埃や汚れを取り除き、フロアクリーニングやカーペットクリーニング、オフィスフロアのワックス掛け、オフィスのエアコンクリーニングを実施します。

①こんな時に便利屋に店舗・事務所・オフィスクリーニングの依頼ができます。
・引越前後のクリーニング
・年末年始のクリーニング
・歳時に合わせたクリーニング
・イベント毎のクリーニング
・人手が足りない
・定期的なクリーニング

②清掃の価格の概要
クリーニングを行う広さや質などによって価格は異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。

③価格の目安
平行面のダスティング(ほこりとり)、会議テーブルの清拭、トイレクリーニング、給湯室クリーニング、ゴミ回収、ゴミ捨て、フロアーのバキュームがけ
10,000円〜20,000円(月4回・100㎡)

④価格の具体例
平行面のダスティング(ほこりとり)、会議テーブルの清拭、トイレクリーニング、給湯室クリーニング、ゴミ回収、ゴミ捨て、フロアーのバキュームがけ
14,700円(月4回・100㎡)
(※東京の便利屋の例)

⑤空室クリーニングサービス例
・ゴミの選別
・不用品処分
・掃除機による部屋の床のクリーニング
・備品や照明などのクリーニング
・ワックスがけ

⑥空室クリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・不用品やゴミの引き取りは可能か。(クリーニングの後は必ずゴミが出ます)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(ガラス拭きやワックスがけまでなど)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 汚い飲食店は危険

最近の飲食店の口コミサイトは、とってもシビアで、口コミの如何によっては売り上げが大きく影響してきます。例えば、「味はまあまあだけど、店内が汚かったので、もう二度といかない。みんなにもオススメできない」という書き込みをされてしまったら、それだけでお客さんの足が遠のきます。それほど、飲食店のクリーニングは非常に重要なのです。

☆毎日の日課に
飲食店の店内の掃除は、本来ならば日課としてしなければいけない仕事です。それは、衛生面から考えても当然のことで、掃除がなされない飲食店では、いつ食中毒が起こってもおかしくはありません。飲食をするお客さんのためにも、絶対掃除は欠かせないものえです。また、どんなに味がおいしくても汚い店というのは、印象が良くありません。よほど、常連客が固定していない限りは、これから客足を伸ばそうとするには難しいと考えられます。飲食店における掃除は、売り上げに大きな影響を与えるほど重要なことと考えましょう。

☆忙しい時はクリーニングをしてもらおう
飲食店は、非常に忙しいと、休む暇もないくらいになることがあります。そうすると、食器を洗ったり、シンクを洗ったり、手の届く範囲はキレイにしても、床や天井、換気扇までは手が回らない、ということが多くなります。しかし、そのまま放っておくと、衛生面から見ても良いこととは言えません。できれば、定期的に外部のクリーニング業者に頼んで、清潔さをキープする必要があるでしょう。きめ細かい配慮は、必ずお客さんが見ています。店舗内も厨房も、手を抜かずにピカピカにしておくようにしましょう。

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る