セーターのお手入れと収納

普段着るセーターは、1回着るごとに洗濯をしたりクリーニングに出したりする必要はありません。

しかし、だからといって脱ぎっぱなしはNGです。脱いだら、ちょっとひと手間を加えましょう。

スポンサーリンク

お手入れ方法

まず、次の手順でお手入れをします。

  1. 裾のほうを持って逆さに振り、毛足の中に入りこんだ大きなホコリを落とす。
  2. ブラシで毛並みに逆らう方向と沿う方向にブラッシングする。

このように手入れをしておくと、素材を傷める汚れやホコリをその都度落とせるだけでなく、風合いを保って長持ちさせることができます。

毛玉は絶対むしり取らない

セーターにできる毛玉は、つい手でむしり取ってしまうという人が多いかもしれませんが、実はこれは厳禁です。毛玉を無理やりむしり取ると、糸がひきつれてしまうだけでなく、むしり取った部分に毛先が残って、また毛玉をつくることになってしまうのです。毛玉に気づいたら、面倒くさがらずにきちんと毛玉取り機を使って除去しましょう。毛玉の量が少しであれば、ガムテープやセロハンテープにつけて浮かせてからハサミで切り取ります。

型くずれ・シワの直し方

何度も洗ううちに伸びてしまったニット製品は、伸びたところにスチームアイロンなどを使って蒸気をあててから形を整えると、元通りになります。また、よく着るウールは、入浴後のバスルームに一晩干しておけば、水気を吸うことによって簡単にシワを伸ばすことができます。

ハンガーに吊るさずたたんで収納

収納する際、セーターなどのニット製品をハンガーに吊るすのは、伸びて型くずれするのでタブーです。セーターはシワにならないので、たたんで収納しましょう。たたんでからくるくると丸めて立てて収納すれば、ひと目で見ることができて便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る