生理前・生理中の不調効く香りベスト3

毎月やってくる女子にしか分からない辛さ「生理」。生理前や生理中は不調だという人も多いと思います。しかし、この不調はある香りを嗅ぐだけで緩和できる場合があるのです。生理中の不調に効く香りベスト3を紹介します。

スポンサーリンク

カモミール

カモミールの効能・効果を紹介しています – ハーブのちから

カモミールはリラックス効果が期待できる香りとしても有名です。また、カモミールは「子宮」という学名を持っているので、女性の不調には有効なのです。生理特有のイライラなどの感情をほぐしてくれ、心を安定させる効果があるので、寝る前に嗅ぐとリラックスした状態で眠ることができるので嗅ぐのであれば寝る前がおすすめですよ。

ローズ

ローズの効能・効果を紹介しています – ハーブのちから

ローズの香りは女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので、生理中にはもってこいの香りです。また、心身をリラックスさせる効果もあるので生理前・生理中のイライラを緩和させてくれますよ。ローズオイルには、ローズオットーとローズアブソリュートの2種類があり、女性ホルモンのバランスをより一層整えたいのであれば、オットーがおすすめです。さらに、ローズにはアンチエイジング効果も期待できるので、生理以外でも使用したい香りですね。

ラベンダー

ラベンダーの効能・効果を紹介しています – ハーブのちから

ラベンダーの香りは様々な用途に使用される有名な香りです。そのため、初めてアロマを使用する人でも気軽に使えるのが特徴です。ラベンダーには鎮痛作用があるので、辛い生理痛や頭痛を緩和させることができます。また、リラックス効果も期待できるので生理中のストレスにも効果が期待できます。ラベンダーもカモミール同様、安眠効果が期待できるので、睡眠前の香りにおすすめです。

番外編

紹介した香りはどれもアロマオイルとして販売されているので、アロマポットなどで使用するイメージがあります。しかし、ポットがなくてもマグカップにお湯を注いで精油を数滴垂らし、カップを鼻に近づけ、目を閉じながらゆっくりと深呼吸するだけでも効果は期待できます。しかし、何よりも大切なのは自分が好きな香りであること。いくら生理中の不調に効果があるといっても、苦手な臭いでは意味がないので、自分好みの香りでリラックスしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

防災袋と食品備蓄の違い

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る