白髪を生かして若々しく!

白髪の量が増えてくると髪を染めるのもそこそこ時間がかかり、その上染める頻度も増えてくるのでとても面倒な仕事になります。白髪が黒髪よりも多くなってきたら、そろそろ、隠す事よりは生かすように発想を変えたいものです。白髪は隠すよりも生かしたほうがずっと気が楽です。

確かに今までヘアダイをして何歳も若く見られていた人は、残念な気になるかもしれません。でも、白髪のままでも若々しく見せることはできます。白髪を生かして若く見せる方法を勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘアケアを入念に

白髪は老化しているわけですから、パサパサして艶のない髪が多いのです。きちんと手入れをして艶を確保しましょう。シャンプー、リンスを少しいいものに変えましょう。上を見ればきりがないのですが、少しだけ上質なものにしましょう。

頭皮が乾燥タイプの人は、最後のすすぎ湯にオリブ油や椿油を一滴入れてすすぎましょう。毎日シャンプーをして、毎日すすぎ湯に良質のオイルをほんの少し入れると、清潔で潤いのある頭皮と髪を保つことができます。

頭皮マッサージは必須

頭皮マッサージをしましょう。手指の腹で2〜3分マッサージをすると、とても気持ちがいいです。両手をげんこつにして第一関節と第二関節の間の部分で、顔から頭にかけて肌をこすらず皮膚を動かす感じで、ぐるぐる回しても気持ちがいいです。頭皮から顔の皮膚の血行が改善されます。ついでに目の周りや耳の周りの皮膚もぐるぐる動かしておくといいですよ。

カットをマメにしましょう

白髪やゴマ塩ヘアーの時には、カットをきちんとすることも清潔でおしゃれな感じを出すのには大切なことです。どんな髪色でも清潔感は大きな武器です。

ヘアダイをやめる為の段取り

白髪染めはやめたくても、完全に白髪に生え変わるまで結構見苦しい状態が続きます。その状態が嫌でなかなか白髪染めをやめられない人が多いのではないでしょうか?

白髪染めをやめる決心がついたなら、次のように進めましょう。

①まずは髪にセミロングやショートカットなど自分で我慢できる程度に短くしましょう。
ヘアダイは永久染毛なのでカットしない限り色が残ります。

②ヘアダイをやめてヘアマニキュアに変えます。
現状残っている染毛部分と似た色のヘアマニキュアに変えます。カラーシャンプーやカラーリンスなど半永久染毛に変えます。

③ヘアダイで染まった部分が無くなったら、ヘアマニキュアの色を薄くします。
2〜3回薄いヘアマニキュアで染めたら後は染めるのをやめて色が抜けるのを待ちます。2週間程度で色が抜けて本来の髪色になります。

②と③の期間が長く続きます。我慢できなくなったらその場で染毛をやめても別にかまいません。もちろん不自然な感じにはなりますが、結局は見た目の不自然さを我慢するかマニキュアの面倒さを我慢するかで、どちらも2〜3ヶ月で終わることです。

※ヘアマニキュアは時々服に色が付くことがあります。白い服は特に注意が必要です。

明るい色の服を着よう!

髪が白いと明るい色が似あうようになります。パステルカラーは黒い髪より白い髪の方がよく似合います。グレーやベージュもおしゃれですが、淡いピンクやブルー、クリーム色などがよく似合います。またTPOによっては赤や黄色などの原色もおしゃれです。色に関して言えば、黒髪よりは白髪の方が圧倒的に似合う色が多いはずです。

きちんとメイクをしよう!

基礎のお肌のお手入れはもちろんですが、自然なアイメイク、頬紅、口紅などのメイクをするとおしゃれ感はアップします。特に眉の手入れで印象は大きく変わります。現状栗ペンシルで描いている方は少し薄い色に変えましょう。

特に眉を描いていない人も、きちんと切りそろえたり無駄な部分を抜くなどの基本の眉の手入れをして、きっちりした感じを出しましょう。ほんのりと頬紅をのせると顔色がよくなり若々しい感じになります。男性でも、お顔に潤いを与える基礎のクリーム程度は使われた方が若く見えます。顔に艶があるとしわが少なく見え、また、しわができにくくなります。

最後に

白髪を染めずに若くいるためには、「ほったらかし感」を一掃することです。

清潔でおしゃれな白髪はとても魅力的なものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る