歯の健康は、体全体の健康を守るくらい重要な要素です。栄養を摂取する食事は生活の基本だからです。

歯の健康を守るために重要になるのが歯磨き。適切な歯磨きをすれば、歯の不調もなくなってくるでしょう。

そして、歯磨きをする時に大切なのが、歯ブラシの選択です。
歯ブラシは多種多様なものがありますが、自分にピッタリの歯ブラシを選ぶのはなかなか難しいものです。

歯ブラシなんてどれも同じ?

みな同じようにみえる歯ブラシも、よ〜く見ると、ブラシの本数やヘッドの形、大きさ、柔らかさなどが様々に違います。

歯や歯茎が弱い人が、固い毛の歯ブラシを利用すると、歯を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

ヘッドの大きさはとても重要

歯ブラシは大きければ良い、毛の量が多ければ良いということではありません。ヘッドが大きすぎると細かい部分を磨くことが困難になり、磨き残しが生じやすくなります。

歯が未熟な上に口の小さな子供用の歯ブラシは、磨き残しが無いように、ヘッドがなるべく小さくコンパクトにまとまっているものを選びましょう。

親知らずは特に注意

親知らずが生えている人は、特に歯の奥のほうまで磨く必要があります。
この時にヘッドが大きいと、奥を磨いているつもりでも、ブラシが届いていないなんてこともあります。

親知らずが生えていること自体は悪いことではありません。しっかりと奥までケアできるブラシで磨きましょう。

ヘッドが小さいと一本一本磨ける

歯磨きで大切なことに、下記があります。

  • 時間をかけて磨く
  • 歯の一本一本を磨く
  • 表面だけでなく裏側、歯茎付近を意識する

これらは、歯ブラシのヘッドを小さくすることで磨きやすくなります。
歯の不調が多くなったと感じる人は、歯の治療を受けるとともに、歯ブラシを変えてみてはどうでしょうか?

【参考サイト】
自分にぴったりのハブラシ選び~基本は3つのポイントで~ | ライオン快適生活研究所
http://kaiteki.lion.co.jp/meister/post/oral201311_1/
スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。