包丁は刃の部分が飛び出していると収集の際危険です。新聞紙等でしっかり刃の部分を包み、ガムテープなどで固定しましょう。
新聞紙は、二重や三重にして使った方が頑丈で良いでしょう。

包み終わったら、新聞紙の部分に「刃物」と書きます。赤いマジックなどで大きく、目立つように書いてください。あとは、お住まいの自治体のルールに従って収集日に出してください。

自治体によって「資源ゴミ」「不燃ゴミ」「粗大ゴミ」と変わってきますので、注意が必要です。自治体のサイトでゴミの収集に関して案内しているところもありますので、確認してみると良いでしょう。

包丁を新しく購入される場合、購入店で引き取ってもらえることもあります。
刃物店で回収ボックスを置き、リサイクルしているところもあるようです(例:岐阜県 岐阜県関刃物産業連合会http://www.seki-japan.com/)。
お住まいの地域で刃物のリサイクルをしていないか、確認してみるのも良いでしょう。

参考サイト
ゴミ処理作業員の方に危険のないように!!刃物の捨て方 | nanapi [ナナピ] http://nanapi.jp/72526/
包丁もハサミも、カッターもリサイクルしよう! [ボランティア] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/178249/
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 「包丁」を含む検索結果
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%95%EF%92%9A&lang=ja

スポンサーリンク
7日間の捕獲ダニ数 2,428匹
ダニピタ君

痕が残るダニ刺され、ダニアレルギー、むず痒くて眠れない! こんな悩みを抱えてはいませんか?
【解決法は、ダニを生きたまま捕ること】
生け捕りなら、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します。ダニピタ君は、簡単、置くだけ、手間いらずで、ダニ捕獲する新しいダニ対策です。