物置は解体して、粗大ごみとして出すことができます。
スチール製の物置ならボルトとナットだけですから、天井や壁面を少しずつ外して、板の状態になったら粗大ごみに出せます。解体せずにそのまま出すのはやめましょう。

解体するのが大変なら、リサイクルショップで引き取ってもらえることもあるので相談してみて下さい。その場合は無料だったり、1000円程度費用が掛かったりしますので、確認してみましょう。

軽トラックなどがある場合は、解体金属・くず鉄の処理業をしているところに売ることもできます。タウンページなどで「解体金属業」を調べてみて下さい。電話などで確認して、持ち運べは引き取ってもらえます。直接持ち込むことができない場合は、電話で引き取りに来てもらうこともできます。ただしその場合、引き取りまで少し日にちがかかることもあります。

参考サイト
スチール製の物置(イナバ物置)の解体・廃棄方法 | DIY(日曜大工)のQ&A【OKWave】
http://okwave.jp/qa/q2363507.html
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 物置検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%95%A8%92u&lang=ja

スポンサーリンク
お部屋の収納が足りないときに!
サマリーポケット

『ヒルナンデス!』などTVでも話題のサマリーポケット。箱に詰めて送るだけで、簡単にスマホで管理できます。売りたいアイテムは「ヤフオク!」におまかせ出品も。1箱250円だから、トランクルームと同じ広さを75%OFFで預けらると評判の宅配収納サービスです。