状態の良いものはリサイクルショップで買い取ってもらったり、フリーマーケットで売ったりすることもできるでしょう。特に短期間しか使用しなかった幼児服などは人気があります。喜んでもらってくれそうな友人に譲ることも考えて良いでしょう。

その他、汚れたり破れたりしていない服は、資源として自治体が回収している場合があります。お住まいの地域の分別と回収の方法を確認してみましょう。資源として出す場合、汚れたものは洗濯して乾かし、それぞれの地域の指定に従った袋に入れて出します。雨に濡れるとリサイクルできませんので、雨の日は出さないようにしましょう。

スポンサーリンク

下着や靴下は古着としては出せません。綿入りの衣類は燃やすごみになります。破れていたり、汚れている服も燃やすごみに出すようにしましょう。
回収日に出すことができますが、町内会などで資源を集団回収する場合は、そちらを優先して出すようにしましょう。

参考サイト
横浜市 資源循環局 古布
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/dashikata/das13.html
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | 服検索
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/search.html?txt=%95%9E&lang=ja

スポンサーリンク