遺品整理でのトラブルは中年から高齢期に移る時期に多い

遺品整理で問題になることが多いのが、孤独死です。
孤独死は社会的にも問題になっていることが多く、これを防ぐために地域で活動をしている人たちも多くいます。

リストラや、退職をきっかけに離婚をしてしまい、一人暮らしをしていく中で、死を迎える中年から高齢期の男性が多くなっています。
いわゆるまだまだ働ける世代での孤独死が、遺品整理ではトラブルになってしまうのです。

高齢者に対しては、社会的な取り組みから訪問があったり呼びかけがあったりするのですが、この働き盛りの男性への対応というのは意外と穴になってしまっていることが多く、孤独死が増えている現状があります。

孤独死を迎える人たちというのは、死に至るまでに、社会との関係を切ってしまったり、人間関係を断ち切ってしまうことが多く、家族がすでにいなかったり家族との関係が壊れているという場合が少なくありません。

そのため孤独死となってしまった後も、遺品整理に積極的に取り組んでくれる人がいないという状況になりがちで、手の出しようがない状況になってしまうことも珍しくないのです。

遺品整理は特別な片付けです。
孤独死によって、遺品整理が不用品処分のようになってしまう人も中にはいるでしょう。
このようなことが多くなってしまっては、亡くなっていった人が、あまりに報われないと言えるのではないでしょうか。

孤独死を無くしていく動きが社会的に広がっていくことで、しっかりとした遺品整理の実現につながっていくのだと思います。

良い遺品処理業者にめぐり合うために…  |  片付けの秘密TOP  |  片付けは人間関係に深く影響していく

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。