里芋の煮方もそれぞれ。ぬめりを落として色よく仕上げるのも、ぬめりの栄養素を無駄なく活用するのも自分次第。気分に合わせて、いろんな作り方を試すのもよいですね。

下ゆでなしでぬめりを残す

全ての調味料を入れた鍋に里芋を入れて煮ていくだけ。手がかゆくなりにくい、少し変わった皮のむき方にも注目。

スポンサーリンク

時間差で味をしみこみやすく

少しずつ味を加えていくことで、ご飯によく合う仕上がりに。ぬめりが気になる人にもおすすめ。

里芋のこっくりさん

里芋に煮汁を絡めつつ、煮汁が少なくなるまでじっくりじっくり…。煮含めた里芋のおいしさは格別です。

下ごしらえにも手抜きせず

しっかりと下ごしらえをしたい方に。照りよく仕上がった里芋を口に含めば煮汁がたっぷり。

味付けに自信がないならコレでしょう

甘すぎたりしょっぱすぎたり…。どうしても味付けが上手にいかない場合は、この手があります。

スポンサーリンク