低脂肪・高たんぱくのイカはヘルシー食材でありながら、腸内でたんぱく質が腐敗しやすい点がネック。

実は里いもには、それを防ぐ成分が含まれているんです。

里芋とイカを一緒に煮ることには、おいしい以外にも意味があったんですね。

人数が少ない家庭に

材料の分量が2人分で記載されているので、たくさん作っても食べきれないときに便利。イカの扱い方も丁寧に説明されています。

味がしっかりしみこみます

里芋をあらかじめ柔らかくゆでておくことで、味が中までしっかり。イカの旨みをたっぷり楽しめます。

スプーン2杯の覚えやすさ

みりん・砂糖・しょうゆが覚えやすい分量。イカの下処理さえわかっていれば、すぐレシピを見なくても作れるように。

きれいにおいしく仕上げるコツあり

いかの色が里芋に移ってしまうことに悩んでいる方へ。甘さ控えめで優しい味わいです。

圧力鍋を活用

圧力鍋を使ったティファールのオリジナルレシピ。加圧時間も細かく記載されています。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー
おすすめマヌカハニー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。
初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。