モノが雑然と散らかって、何がどこにあるのか分からない。押入れに収納したけれど、奥に何を入れたか覚えていない。

これはモノが滞積して、モノが主役になった状態です。断捨離ではまず、モノとの関係について問い直します。

重要なのは、「今の自分にとって必要なモノか?」という問いです。

もったいないからと取ってある割り箸やスプーン。。いつか着るかもしれないと思って、何年も着る機会のない服。知人から貰ったけれど、本当はあんまり気に入っていない置物など……。

今の自分にとって必要ないモノを判断し、処分したりリサイクルに出したりします。

要・不要の判断を繰り返すことで、モノの量や質を意識するようになり、自分にとって不要なモノを安易に受け入れることもなくなります。
最終的には自分にとって本当に価値のある物、好ましい物だけが残ることになります。

参考文献

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

子育てを学び、資格まで取れる!
乳幼児教育アドバイザー資格 ギフト教育ラボ

子育てに失敗する原因。それはただやり方を知らないだけ。子どもはどんどん成長していきます。悩んでる暇なんてないですよね!
3歳までの、たった3年間が頑張りどころ。ギフト(才能)教育が、子供の未来をひらきます。専門家がつくった幼児教育を学ぶことで、あなた自身が乳幼児教育アドバイザーになれるのです。