一年を通して比較的値段が安いじゃがいもやたまねぎは、家計の強い味方。煮る・焼く・炒める・サラダ…、和風・洋風・中華・イタリアン…。どんな調理法もでき、どんな味付けをしてもおいしく、どんな素材にも合うので、料理が苦手な人には欠かせないサポーターでもありますね。

ところで、それらの保存はどんな風にしていますか?じゃがいもやたまねぎは長持ちする点でも助かる食材ですが、どうせならおいしい状態を保っておきたいものです。じゃがいもやたまねぎは冷蔵保存に不向き。望ましいのは日光が当たらず、風通しの良い場所です。

そんな都合のいい場所なんて無いという場合は「ベジバッグ」がおすすめです。内側が黒い不織布になったベジバッグは、遮光性&通気性に優れた野菜保存袋。口は巾着のようにしっかり閉じれるし、中身はサイドに付いたファスナーで簡単に出し入れできます。サイドから中身を出し入れできることには、先に入れた下の方から使えるメリットも。

素材は丈夫な麻なので、中身がいっぱいになってどっしり重たくなっても、そう簡単には破れません。

日光を遮って風はよく通し、中身の出し入れは楽。そして丈夫な麻素材のベジバッグは、じゃがいもとたまねぎの保存に強い味方です(^^)

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー
おすすめマヌカハニー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。
初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。