米のとぎ汁はタケノコをゆでる時に使ったことがあるという方もいらっしゃるでしょうが、米のとぎ汁はタケノコのアクを取る以外にも便利な利用法があります。

お米を炊くときに出る米のとぎ汁をボールや洗い桶などに取っておき、食後、食器を洗うときに洗剤代わりに使うのです。

洗い桶に取っておいた米のとぎ汁に熱湯などを加え、ぬるま湯ぐらいにします。お湯の温度は高い方が汚れが落ちやすくなります。
この温かくした米のとぎ汁の中に、汚れた食器を全部浸けてしまいましょう。少し時間を置いて、汚れが浮いたところで、スポンジなどを使って、米のとぎ汁で下洗いを済ませます。

その後、水で洗い流せば汚れが落ちます。特に米のとぎ汁は油汚れを落とすのに適しています。これで大半の食器は綺麗に洗えますので、洗剤の使用量がぐっと減ります。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー
おすすめマヌカハニー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。
初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。