シニアが陥りやすいアルコール依存症

アルコール依存症は、お酒が飲める人なら誰でもがかかる可能性のある精神病です。
ただし、普通の飲み方をしていてアルコール依存症になることは少ないのです。毎日毎日、ひどく酔うまで飲みつづけると、個人差はありますがアルコール依存症にかかる可能性が高いのです。

アルコール依存症にかかると、お酒を飲まないとイライラしたり手が震えたりします。そして、お酒を飲むとイライラが治まり手の震えなどがとまるので、自分では正常になったような気がします。しかし、他の人から見れば酩酊状態なのです。

自分では正常なつもりですから、酒気帯びのまま出勤したり運転をしたりします。日頃からたくさんの酒代を使うので、中には経済的に困窮する人もありますが、アルコール依存症がひどくなると、他の薬物中毒と同じようにたとえお金がなくても飲むようになります。その結果、万引きなどの犯罪をおかしてしまうようなこともあります。

スポンサーリンク

アルコール依存症になりやす人

通常お酒は人と楽しむ時に飲む場合が多いのですが、なかには一人酒を楽しむ人もあります。一人酒の習慣がある人はアルコール依存症になりやすいといわれています。また、普通は仕事終わりに飲むことが多いのですが、休日などに一日中飲んですごす人も依存症になりやすいといわれています。

この他にも、リタイア後にアルコール依存症になりやすい人の特徴として、下記があります。

  • 後で予定があっても飲む
  • 体調が悪くても飲む
  • 嫌なことがあると飲む
  • 強い酒が好き
  • 飲むとたべない
  • 趣味がない
  • 基本的に酒に強い

若いときから飲酒の習慣があってしかもいわゆる大酒のみだった人も、年齢を重ねると次第に肝機能も胃も弱くなって若い時よりも早く酔っ払います。たまに親戚のあつまりなどで予想外に早く酔ってしまって失敗をすることもあります。

普通は、そのような経験をした段階で反省して酒の量を減らしたり、時には飲まなくなったりするものです。それができずに何度も会合で酔いつぶれたり、喧嘩をしたりする、親戚の集まりに必ず一人はいる、酒癖の悪いおじさんになってしまいます。こうなれば立派なアルコール依存症です。

中にはリタイア後の時間の使い方が分からずに、飲酒で時間を潰す人もいます。リタイア前は仕事人間で、休みの日は寝て過ごしていたという人は要注意です。夕食から寝るまでの時間をずっと飲酒で潰すようになると、依存症に一直線にすすんでしまいます。

アルコール依存症にかからないためには、まずは毎日お酒を飲まないことです。多くても一日おき、できるなら週に一置二度程度まで減らすことが肝臓を休め、アルコール依存症にならない飲み方です。

そして、身近に余分なお酒をおかないようにします。その日に飲む分だけ買うようにします。とても面倒ですが、その面倒さがアルコール依存症になるのを防ぎます。

特に気をつけたいのが、嫌な気分の時に飲まないことです。嫌な気分の時に飲酒する習慣をつけると、回を重ねる毎に酒量が増えていきます。嫌な気分の時には、お笑い番組を見るとか、ふて寝をするとか健康を害さない方法を考えましょう。カラオケはそれ自体ストレス発散にはとてもいいのですが、お酒がつきものなのが残念なところです。

日常生活では社会活動に積極的に参加して日中の外出を増やしましょう。地区の自治会や、習い事、スポーツのグループなど自分に合うものを探して参加することで、お酒以外のつきあいを増やしていきましょう。

アルコール依存症は一度かかってしまうと、断酒しか治す方法がありません。

お酒をのむと非常に気分が悪くなり、それが嫌でお酒が嫌いになる薬があります。近年は、お酒をのみたいという気持ちにブレーキをかける薬も開発されています。

アルコール依存症や依存症予備軍の人は、「少しは飲めないと人間関係に困る」とか「宴席で失礼になる」などといって、断酒をせずお酒を減らす方向で解決したがりますが、現実には飲めないと困ることはあまりありません。

飲みすぎて困ることの方が、圧倒的に多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る