荷物の運搬の料金

便利屋の行う荷物の運搬とは、家具や道具などを移動することをいいます。

①こんな時に便利屋に荷物の運搬の依頼ができます。
・家具などが重くて運べない
・家具などが大きくて運べない
・急いで商品などを届けたい

②荷物の運搬の価格の概要
荷物の運搬は走行距離や荷物の大きさなどによって価格は異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。

③価格の目安
1kmにつき100〜200円が相場で、それに積み下ろし料金などが加算されます。

④価格の具体例
8,000円 (タンスの運送・同一県内)
(関東)

⑤荷物の運搬サービス例
・搬出、搬入
・運搬

⑥荷物の運搬を依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

 

コラム 〜 美術品の運搬
美術品の運搬を行うには、美術品に対する知識や取り扱いについて技術のある業者に依頼するのが確実です。もちろん、自分で制作した作品も立派な美術品です。公募展に出品したり、個展を開いたりする時に、ぞんざいな扱いをされたくないものですよね。もし、油絵や日本画、彫刻など、大型の美術品を運搬するなら、一人で無理に運ばずに運搬業者や便利屋に頼むのが一番です。

☆大事な大作を大事に運搬
もし、100号サイズの油絵を描いたとすれば、それはかなりの大きさになります。本人にとっても渾身の作ですよね。だからこそ、大事に扱ってほしいものです。絵画作品を運搬するためには、作品が傷つかないように、しっかりと梱包をする必要があります。梱包方法を誤ると、せっかくの作品が台無しになってしまいます。特に、油絵の場合は、額自体も作品のうちですので、額そのものを保護する必要があります。額はオリジナルの1点ものであることもありますので、壊れてしまうと取り替えがききません。そのため、自分の作品だからと言って、適当に梱包してしまうことは、あまりオススメできないのです。

☆最も難しい彫刻の作品
美術の運搬で難しいとされているのが、彫刻作品の運搬です。彫刻作品は、細部にわたればわたるほど、小さな衝撃で折れてしまったり、破損してしまったりすることがあります。古い彫刻になると、材質の劣化も加わって、たいへん壊れやすくなっているので、梱包の途中で破損する恐れもあります。例えば、お仏壇の運搬もたいへん気を遣います。お仏壇の内部は、たくさんの彫刻や細工であふれていますので、ちょっとした衝撃でも破損を起こすことがあります。破損させたくないものほど、業者に頼んで運んでもらうのが無難ですね。

2013/2/19

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る