蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修の料金

便利屋の行う蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修とは、水廻りを修理することをいいます。

①こんな時に便利屋に蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修の依頼ができます。
・水道の蛇口が閉まりにくい
・水道の蛇口から水が漏れる
・水道のパッキンを換えたい
・雨樋が劣化して割れてきた
・雨樋から雨が伝わってくる

②蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修の価格の概要
蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修は場所や物によってそれぞれ専門的な知識や技術が必要なため、一般的に見積りを取っての決定となります。

③価格の目安
特殊な仕事であるため、通常の便利屋の時間給の倍程度となります。
時間給は地域によって違いますが、
3,000円〜/時間が相場です。
(都心部に近いほど価格は高くなります)

④価格の具体例
蛇口の水漏れ修理
8,400円
(※東京の便利屋の例)

⑤蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修サービス例
<蛇口の水漏れ修理>
パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換、カートリッジ交換、単水栓(壁付)交換、単水栓(デッキ式)交換、混合水栓(壁付)、混合水栓(デッキ式)、混合水栓(ワンホール)
<雨樋の補修>
とい受け金具の交換、軒どい補修、集水器補修、エルボの交換

⑥蛇口の水漏れ修理・雨樋の補修を依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・貴重品を置いておかない(紛失・盗難防止)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 冬場の水道の凍結

雪の多い地域など、日本でも寒冷地帯では、冬に水道が凍結してしまうトラブルが多くの家庭で発生します。水道が凍結してしまうと、水が出なくなったり、水道管が破裂してしまったりして、その後の修繕が必要になることも。凍結しないように対策方法を知っておきましょう。

☆凍結をさせないために
水道は、気温がマイナス4度以下になると凍結しやすくなります。天気予報などで気温が低くなることが事前に分かった時は、水道を使用していない間も少し水を流し続けると良いでしょう。水が常に流れることによって、川が凍結しないように水道も凍結しにくくなります。水抜栓がある場合は、水抜きをしておくと配管内の水を抜くことができるので、凍結せずにすみます。

☆凍結してしまったら?
万が一、凍結対策ができず、水道管が凍結してしまったら、いくつかの方法で対処することができます。例えば、もし、ポット内にお湯が残っていれば、布を蛇口にかぶせて、お湯をその上に注ぐことで水道が温まり、中で凍結している水を溶かすことができます。また、太陽が昇ってから気温が徐々に高くなれば、自然に回復することもあります。水道管が破裂してしまうような最悪の場合には、無理に自分で直さず、便利屋さんに依頼してきちんと直してもらうようにしましょう。

 

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る