床ワックスクリーニングの料金

床ワックスクリーニングでは、床のクリーニングやワックス掛けをします。床のホコリやチリを取り除く掃除機掛け、ガンコな汚れ取り、水拭き掃除をし、床ワックス・フリーリングワックスをします。

①こんな時に便利屋に床ワックスクリーニングの依頼ができます。
・引越後のワックスがけをしたい
・床が汚れている
・床の傷を直したい
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②床ワックスクリーニングの価格の概要
ワックスがけの場合、面積あたりで一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
1,000〜3,000円(1畳・汚れ取り、ワックスがけ)

④価格の具体例
1畳 2,800円(汚れ取り、ワックスがけ)
(※東京の便利屋の例)

⑤床ワックスクリーニングサービス例
・汚れ取り
・ワックスがけ
・傷の補修

⑥空室クリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(傷の補修など)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 床ワックスのかけ方

フローリングの床がツルツルピカピカだと、とっても良い気持ちになりますよね。特に、ワックスをかけた直後は、本当に美しいものです。でも、年月が経てば、そのワックスの美しさもだんだん劣化し、表面に無数の傷がつくことで光沢感も減ってきます。できれば、定期的にワックスを塗り直したいところですが、ワックスってどのようにかけるのでしょう?

☆ワックスの耐久性
ワックスのメーカーで有名な「リンレイ」のホームページでは、ワックスの耐久性やお手入れ方法などの情報が満載です。その中で、住宅のフローリング床にワックスをする場合、約半年おきに塗り重ね、5年おきに塗り替えが必要とされています。半年おきの塗り重ねだけでも、ワックスって難しそう…と思われる人も多いかもしれませんが、リンレイのワックスはとても簡単で、フローリングワイパーなどにワックスを塗布して、いつも掃除する時のようにフローリングの上をすべらせるだけでいいのです。

☆ワックスの塗り替えが困難な場合は業者に依頼を
5年おきに行うと良いとされているワックスの塗り替えですが、いざ自分で行うとなれば、ちょっと大変ですよね。もちろん、自分でもできるように、古いワックスを落とす剥離剤や、塗り替えの耐久性の高いワックスが販売されていますので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。でも、小さな子どもがいる、高齢者ばかりでそんな手間をかけられない、という人は、迷わず便利屋さんなどに相談してみてください。フローリングがキレイになるだけで、気分も明るくなりますよ。

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る