トイレの汚れを防ぐには?

トイレの汚れの主な原因は、尿石や水垢が放置されることによってできたカビなどです。

これらを防ぐためには、汚れを極力生み出さないようにすること。尿石を残さないためにも、トイレの使用後は十分に水を流しましょう。

また、水垢を見つけたら早めに除去をするなど、汚れがこびりつかないうちに掃除をすることも大切です。

スポンサーリンク

週一度は、トイレ用洗剤とブラシを使って便器の掃除をしたいものです。2日に1回ほどでよいので、寝る前にトイレの洗剤を便器の内側にかけておくと、汚れが落ちやすくなります。
月1度、汚れ防止用の洗剤をスプレーしておくとさらによいでしょう。汚れ防止効果のあるグッズなども出ているのでドラッグストアで探してみてください。(ほんとうにいろんな種類があって、見ているだけでも面白いです。)

また、汚れを付きにくくする工夫として、便座の前の部分にサランラップを巻いておくと、便座の前の部分が汚れにくくなります。
このとき、ラップの閉じ目が内側にならないように。閉じ目が内側にあると、そこから水分が流れこんでしまいます。
トイレの使い方も工夫することができます。用を足す前にトイレットペーパーを敷くことは便器に直接排泄物が付くのを防げますし、男性であれば座って用を足すようにすると、壁や床を汚す心配も減るでしょう。

手はトイレの手洗い器で洗わず、洗面所で洗うようにすると、水の飛び散りを防ぐことができます。
トイレのふたカバーを使い、ふたと便座の隙間にゴミが入らないようにするのもおすすめです。

参考サイト
http://nanapi.jp/88814/?page=2
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/372531/
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1474468439

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る