シニア向けセキュリティサービス

セキュリティサービス会社では、シニア向けサービスをしている会社が数多くあります。

セキュリティ会社のサービスは元々は火事や空き巣に対処するためのものでしたが、近年の高齢化社会に対応して、シニア世帯向けのサービスが増えているのです。

特にシニアの単身生活には、さまざまな不安がつきまといます。本来なら公的なサービスで事足りるようになって欲しいところですが、現実には通常に生活できるシニアは公的なサービスが受け難い状況です。

スポンサーリンク

民間のシニア向けセキュリティサービス

民間サービスはけっこうな費用がかかりますが、もしも突然動けなくなった場合の不安を考えると導入することは決して無駄ではありません。高血圧や梗塞、ぎっくり腰などの既往歴がある人なら尚更です。自分にあったシニア向けサービスをしっかりチェックしておきましょう。

大阪ガス

おまもりコールサービス
緊急通報装置+ペンダント型ボタン(浴室へも持ち込み可能)を設置してボタンを押すと担当者が駆けつけてくれます。
鍵預かりサービスがあるので、全く動けない状態、意識不明になってしまっても家の中まで入って必要に応じて救急車要請(119番)もしてくれます。
365日24時間対応で不安を感じた時、具合が悪い時なども電話で相談にのってくれます。
対応してくれるのは看護師または保健師なので、確かな情報を教えてくれます。
健康情報登録制度では、万が一の時の緊急連絡先や持病、かかりつけ医などを登録しておき、緊急の場合に救急隊員への申し送りと、緊急連絡をしてくれます。
近畿圏での受託数がもっとも多いので信用あるサービスであることがわかります。
申し込みからサービス開始まで2週間程度かかります。
このサービスを受けるには電話回線が必要です。
・年齢制限なし
・初期費用16,200円
・月額   2,700円
<対応地区>
大阪ガスの営業地区とは異なるので確認が必要です。

<その他>
東京ガスでもシニア向けサービスがありますが、ガスの利用状況から安否確認をして、異常があれば別居の家族に知らせるというもので、駆けつけサービスはありません。現在上場しているガス会社では同様のサービスをしているところはまだないようです。(2015年4月現在)

関電SOS 緊急通報サービス

緊急通報装置を設置してボタンを押せば駆けつけてくれます。ホームセキュリティサービスの付帯サービスです。
鍵預かりサービスもあります。内鍵がある場合には「破壊箇所の設定」が必須条件です。全く動けない状態でも家の中まで入ってきてくれます。
365日24時間対応、ボタンを押せば監視センターに信号が届き、警備員が駆けつける仕組みです。必要に応じて救急車要請(119番)もしてくれます。
緊急ボタンを押すとあらかじめ登録してあるアドレスにメールが届きます。

持病、かかりつけ医などを記載した健康情報カードを作成して関電SOSの専用保管器にいれて冷蔵庫ドアポケットに設置しておきます。緊急のときには駆けつけた警備員が救急隊員にわたしてくれます。
ホームセキュリティサービスの付帯サービスなのでホームセキュリティサービスに加入する必要があります。ホームセキュリティサービスに関しては個別見積りが必要です。
関電SOS 緊急通報サービスの利用には、電話回線が必要です。
健康相談に関しては別途(株)関西メディカルネットがあります。
緊急ボタン 買い取り価格 13,000円
      レンタル価格    300円
<対応エリア>
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県になりますが確認が必要です。

セコムホームセキュリティ

シニア・高齢者向けサービス
携帯電話としても使用可能な緊急通報装置を使い緊急時に通報すると自宅はもとより、外出先からの通報にも対応してくれます。
通報用携帯電話で連絡するとセコムから返信があり、状況に応じて①看護師と電話で通話、②係員が駆けつける、③救急車を要請する、などの対応をしてくれます。
駆けつける係員はAEDや心肺蘇生法、転倒時のベッドや車イスへの移乗などの訓練を積んでいます。
365日24時間対応、不安を感じた時、具合が悪い時なども看護師が相談にのってくれます。
健康情報をセコムのセキュリティデータセンターで預かって、医療機関の要請に応じて情報を提供してくれます。
介護機関紹介サービスもあります。
緊急通報装置はauの携帯電話をセコム専用にしたものなので携帯電話として使えます。
年齢制限なし
基本料金 月額  1,800円(緊急時、自宅駆けつけ)
一回当たり料金  5,000円(緊急以外自宅駆けつけ、1時間まで)
        10,000円(自宅以外駆けつけ、1時間まで)
通話料金        16円(30秒当たり)
<全国対応>

ALSOK

みまもりサポート
ペンダント型緊急連絡装置(室内専用)のボタンをおせば、365日24時間駆けつけてくれます。
365日24時間対応で、不安を感じた時、具合が悪い時なども看護師が相談にのってくれます。
介護施設紹介サービスもあります。
健康情報登録制度があり、持病、かかりつけ医などを登録しておき、緊急の場合に救急隊員に申し送ります。
・要電話回線
・年齢制限なし
・初期費用 11,000円
・月額    2,400円
または 
・初期費用      0円
・月額    2,960円
<全国対応>

セントラル警備保障

緊急通報装置を設置して、急な体調不良 けがなどの時にボタンをおせば係員が駆けつけてくれます。
・月額 2,800円(5年契約料金)
一定時間、緊急通報装置のセンサーが反応しない時には通報がなくても係員が駆けつけるサービスを付加します。不在にすると時にはセンサーを切る必要があります。
・月額 3,300円(5年契約料金)
不在時にセンサーをきる必要がないサービスを付加すると
・月額 3,500円(5年契約料金)
保健師などの有資格スタッフが365日24時間対応で、不安を感じた時、具合が悪い時などの相談にのってくれます。
<全国対応>

東急セキュリティとNPO法人きずなの会 共同提供サービス

ずっと安心パック
室内にセンサーを設置して一定時間センサーが反応しない時には係員が駆けつけてくれます。
ペンダント型通報装置ボタンを押すと係員が駆けつけてくれて救急車の要請、救急措置をしてくれます。
24時間365日、健康や医療の知識のある専門員が応対してくれます。
緊急通報の結果病院へ搬入された時には東急セキュリティからきずなの会に連絡され、24時間365日対応で搬送先へ急行、入院手続きから入院生活支援、身の周り品の購入、書費用の立替え、退院つきそい、退院後の通院送迎などの生活支援をします。もし、逝去された時には納骨までの手続きをしてくれます。
・年会費       10,000円
・金銭預託手数料 年間12,000円
・月額         9,800円
<対応エリア>
東京、神奈川圏

山陽セフティー

緊急見守り君
緊急通報装置+リモコン+緊急ペンダント(月額500円のオプション)
火災警報サービス(月額600円のオプション)
生活反応センサーで一定時間反応がない時に駆けつけるサービス(月額700円のオプション)
鍵預かりサービス 全く動けない状態でも家の中まで入ってきてくれます。
365日24時間対応、緊急通報ボタンを押すと警備員が駆けつけて必要に応じて119番または110番、あらかじめ登録している近親者などに連絡してくれます。
・年齢制限なし
・工事費  15,000円
・月額    3,000円(3年契約)
・駆けつけ  2、000円(22時から5時まで2,500円)
<対応エリア>
岡山市・倉敷市・早島町・総社市・赤磐市・瀬戸内市・備前市・玉野市・笠岡市・ 井原市・浅口市・里庄町・矢掛町・福山市・府中市

九電ホームセキュリティ

安心見守りサービス
別居する親族が高齢者のためにするサービスです。
緊急通報押しボタンを設置し、ボタンを押すとあらかじめ登録した3名に連絡されます。
必要な時には警備員の駆けつけを要請できます。(別途料金が必要です)
生活センサーをつけて異常があれば登録された連絡先に連絡されます。
・365日24時間対応
・電話回線が必要
・初期費用 14,040円〜
・月額    4,217円?
<対応エリア>
福岡県全地域、佐賀市、鳥栖市 神崎市 小城市、多久市、神埼郡(吉野ヶ里町)三養基郡(基山町、上峰町、みやき町)、杵島郡(大町町)

最後に

大阪ガスのシニア向けサービスは実績もあり、費用も抑えられていますが近畿圏だけです。大手セキュリティ会社のサービスは全国対応ですが費用が若干高めです。

手厚いサービスほど、鍵を渡し家の中まで入ってもらうことになります。また個人情報を全て渡すことになります。社員教育がしっかりした信用のおける会社を選ばなければなりません。一方で、貴重品やは必ず施錠できるところにおいたり、大金を家に置かないといった心配りも必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る