ズボン、パンツ、ボトムスのたたみ方と収納法、おすすめ収納グッズは?

ズボンやボトムスは形が命。型くずれを気にせず、効率よくしまうにはどうしたら良いのでしょうか?

おすすめの収納は、ケースに縦型で入れること。コンパクトで取り出しやすくなります。シーズンオフのズボンはゆったりと積み上げて置いても大丈夫です。

スポンサーリンク

ズボンをたたむ

  1. ズボン、パンツ、ボトムスはたたむ前に両手のひらでしわを伸ばしましょう。
    この時にボタンやチャックは開けて伸ばすと、しわが取れやすくなります。
  2. しわを伸ばしたら、まずは半分に折ります。
    おしりの部分を内側に折ると、よりコンパクトに。
  3. その後、三つ折りや四つ折りにします。
    足が出てくる裾の部分を、ウエストの履き口に入れると、バサッと広がらず、しまいやすくなります。

ズボンの畳み方

折り目を気にせずしまう

折り目が付くのが気になる場合は、次の方法がおすすめ。

  • 二つ折りにしてハンガーに掛ける
  • ラップの芯を折り目に入れる
  • 巻き寿司のように丸めてからしまう

ハンガーに掛ける方法の良いところはハンガーに掛けたジャケットとパンツが同じポールに並ぶので、コーディネートを考えるときに合わせやすいという所です。

ジャケットとパンツを同時に見たいという点なら、吊り下げられるラックも良いです。
これならラックの中にたたんだズボン、パンツ、ボトムスをしまうことができるので、取り出すのも簡単です。

ラップの芯を折り目に入れると芯のおかげで折り目が付かないので、縦のプレスがポイントのボトムスなどはおすすめです。
ラップの芯を挟んだ分厚みが出るので、しまう際はラップの芯を入れたところが交互になるようにしまいましょう。

丸めてからしまう方法は、ジーンズやスウェットに向いています。
さらに丸めた上からリボンや紐、毛糸などで縛っておけば片付けやすく、ワンポイントにもなります。

ケースには縦型収納、シーズンオフはゆったりと積み上げて

たたんだズボン、パンツ、ボトムスは縦型にしまいましょう。
下から上に積み上げていくよりもコンパクトで、取りやすくなります。

ボトムス類は、厚みがあるので、収納ケースに対して、余裕をもって入れると良いでしょう。
丸めて縛るしまいかたであったら、大きめのカゴもおすすめです。

ロール状のボトムス類を入れて、出して置いてもかわいいですし、見た目が気になる場合は綺麗な布で隠したり、そのままクローゼットや押し入れにすぽっと入れても構いません。

シーズンオフのボトムス類の場合は、縦型収納の上から、積み上げても大丈夫。
ただし、後から衣替えをする事を考えて、ギュウギュウに詰め込むのではなく、ゆったりと余裕をもって入れましょう。

参照サイト

スッキリ収納するための【洋服のたたみ方】 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130507707603244201
こんまりさんのたたみ方で、ズボンをたたんでみました。 | シンプル☆ラッキー
http://simplelucky.blog134.fc2.com/blog-entry-203.html
衣替え&衣類整理のラク・コツ3則 [収納] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/1578/
クローゼット収納+無印良品 | すっきりでナチュラルなおうちライフ – 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/hachimituringo/diary/201107010000/
ショップ店員が教えるズボン パンツ ボトムスのたたみ方 収納術 – 玄蔵雑記(仮)
http://genzozakki.blog59.fc2.com/blog-entry-371.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る