脱臭剤・消臭剤の代わりになるものは?

身近なものを使って、脱臭剤、消臭剤の代わりにすることができます。
使う物は、コーヒー、紅茶の出し殻、炭、お酢や重曹、柑橘系の皮、アロマオイル、柔軟剤など。

希釈用に、水道水や精製水、消毒用エタノール(消毒用アルコール)を使います。
場所や気分に応じて使い分けましょう。

スポンサーリンク

炭やお酢、重曹は100円ショップで手に入れることもできますし、精製水、消毒用エタノールはドラッグストアで購入することができます。
コーヒー、緑茶の出し殻は、電子レンジで水分を飛ばしたり、フライパンで炒って、乾燥させてからお茶パックなどにつめて、ふたなしの容器に入れたり、小皿などに乗せてにおいの気になるところに置きます。

重曹はすっぱいにおいに効果的です。ふたのない容器に入れて、においの気になるところに置きます。下駄箱や流しの下などにおいて、湿り気を帯びて固まった重曹もそのまま掃除に使えます。
お酢はアンモニアやたばこのにおいに効果的。水で薄めてスプレーして使いましょう。

トイレにこもったにおいは、マッチに火をつけるだけで硫黄の化学反応で消臭効果が現れます。
かまぼこ板、割り箸などの身近な木片があったら、アルミホイルを巻いてで焼いて炭にすることもできます。
鍋に入れて一煮立ちさせてから乾燥させると良いでしょう。いろいろな場所に使えます。

お香は、火を付けても香りを楽しめますが、そのまま置いておいても気になるにおいを薄めることができます。
石けんをティッシュやキッチンペーパーに包んで置いておくのもよいでしょう。
パンも脱臭、消臭効果があります。古くなったり固くなったりして食べられなくなったパンは、真っ黒焦げになるまで焼いてしまい、小さくちぎってふたのない容器へ入れて使いましょう。

電子レンジのにおいにはレモンやみかんの皮をレンジで1分ほどチン。脱臭もでき、柑橘類のよいにおいが漂います。

時間があれば、自分好みのものを手作りするのもおすすめです。
アロマオイルを水に3〜5滴ほど入れたものをスプレーするだけでも即席の消臭スプレーができますが、消毒用エタノールと精製水を1:5の割合で入れ、アロマオイルを数滴垂らすと、より本格的です。

また、お酢と柔軟剤(柔軟剤1カップ、お酢1カップ、水道水2カップ)、重曹と柔軟剤(重曹1カップ、柔軟剤4分の1、温かい水2カップ)、柔軟剤と消毒用のアルコール(エタノール)(柔軟剤3カップ、消毒用アルコール3カップ、お水3カップ)をそれぞれスプレー容器にいれてもオリジナルの消臭スプレーができます。

脱臭剤を作る場合は、保冷剤を使います。解凍した保冷剤を小さい物で2個ほど中身を瓶などの容器にあけ、絵の具や水性マーカー(ほんの少量でよい)色をつけます。香り玉やアロマオイルなどを垂らすと香りも楽しめます。

参照サイト
http://tuitui.jp/2010/05/c05-shoushu.html
http://www.iris-kurashi.com/kurashi/chie/kurashi_08.html
http://cozworld.blog72.fc2.com/blog-entry-222.html
http://www.roomflavor.com/recipe/detail.php?rKey=35
http://www.clickoncake.com/magazine/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る