ゴムひもがゆるんできたら

だらりと伸びきってしまったゴムはだらしがないだけでなく、そのまま履いていたのではずり落ちてきてしまいます。

ゴムが布地に縫い付けてある場合は交換できませんが、ゴムひもが外せるようなら、新しいゴムひもに付け替えましょう。

スポンサーリンク

付け替えの手順

ゴムひもの付け替えは、次の手順で行います。

  1. ゴムひもの通し穴から古いゴムひもを少し引き出し、はさみで切って抜きます。
  2. ゴム通しに新しいゴムひもを通し、通し穴から入れます。
  3. ゴム通しを通し穴に入れたら、布地を少しずつたぐり寄せ、しごきながらゴム通しをどんどん進めていきます。
  4. 1周したら通し穴から出し、長さを調節してゴムひもをしばって結び目を切れば完成です。

ゴムひもの通し方

ゴム通しには、ゴムひもを通すタイプとはさむタイプとがありますので、使いやすいほうを選びましょう。なお、専用のゴム通しがなくても、ヘアピンで代用することができるので大丈夫です。また安全ピンでもOKですが、その際はゴムひもの先を2つ折りにし、そこを安全ピンでとめて使いましょう。

ゴムひもを1周通し切るまでは、始めのゴム端が中へ入ってしまわないように注意します。結び目は通し穴に入れてしまえば目立ちません。付け替えるゴムひもの長さは、「ゆるすぎず、きつすぎず」がポイントです。ウエストサイズの8割を目安にしましょう。

通し穴が見つからないときは

たまに通し穴が見つからないときがありますが、そんなときでも、ゴムが縫い付けられていなければ、ウエスト部分の縫い目を少しほどいて、そこからゴムひもを通し、新しいものに付け替えられます。ほどいた縫い目は、後でかがっておけば大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る