100円玉2つをにぎりしめ『はじめてのおつかい』

現在、子供が「はじめてのおつかい」を経験するのは何歳くらいでしょうか?

1977年に発行されたロングセラー『はじめてのおつかい』に登場する「みいちゃん」は5歳です。

赤ちゃんの牛乳を買ってきてほしいとママに頼まれたみいちゃん。責任感いっぱいで、さあ出発です!

途中で転んで100円玉を落としてしまったり、お店の人がなかなか出てきてくれなかったりして、その度にみいちゃんの心臓はドキドキです。不安と戦いながら、それでも一生懸命責任を果たそうとする女の子の姿が健気で、読んでいると応援したくなります。

同じ年頃のお子さんなら、ドキドキはらはらしながら「みいちゃん」に共感するのではないでしょうか。

読んであげるなら3歳くらいからおすすめの絵本です。町や商店の細部にも気を配りながら読むと更に楽しめます。

※『はじめてのおつかい』筒井頼子/作、林明子/絵、福音館書店、1977年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る